• ホーム
  • 早漏防止効果があるリドカインについて

早漏防止効果があるリドカインについて

薬と菊の花

リドカインは局所麻酔薬や抗不整脈薬として医療で幅広く使われている成分です。
リドカインはスウェーデンの科学者ニルス・ロフグレンとベングト・ルンドベリが1943年に開発したアミド型の局所麻酔薬です。
販売されたのは5年後の1948年からです。
リドカインは即効性がありしっかり効果を実感出来ます。
虫歯治療の時に表面だけ麻酔をすると言われてキシロカインを使った経験がある人は多いのではないでしょうか。
スプレータイプは効き目が早く現れるので歯科治療ではよく使われています。あのキシロカインの有効成分がリドカインです。
手術をする時は必ず麻酔をしないといけません。検査の時も同じです。
麻酔をする事によって痛みを感じずに検査を受けられます。局所麻酔は全身麻酔と違って体への負担が少ないので回復が早いです。
手術や検査で表面だけを麻酔するというのはよくある事です。そういう場合によく使われている薬がキシロカインです。
スプレータイプ以外にも注射液や点眼液、ゼリータイプなどいろいろあります。注射液は見た事ある人が多いのではないでしょうか。
体の内側や外側など広範囲に使われている成分ですが、それぞれの用途に応じて配合量は決まっています。
リドカインは組織浸透性と安定性の高い成分です。
局所麻酔薬や抗不整脈薬の他にも早漏防止薬としても使われています。
成分の強さなどは歯科治療に使われいるキシロカインより弱くなっているので、効きすぎて感じなくなるという事はありません。
リドカインは神経を一時的に麻痺させて痛みを感じないようにしてくれます。
知覚神経の他にも運動神経を遮断する作用があります。なぜ早漏にも効果があるのかと言うと、気持ちいいと感じる感覚は痛みをすごく弱くした感覚だからです。
ですので、リドカインの作用によって早漏防止が出来るのです。
リドカインは即効性があり使っている人がたくさんいますが、気を付けないといけない事があります。

リドカインの副作用は?

リドカインは副作用が少ないと言われていますが、全く副作用がないというわけではありません。
主な副作用は、眠気やしびれ、むくみなどです。また、重大な副作用の症状が出る場合があるので、気を付けないといけません。
血圧低下や呼吸抑制、意識障害などが起きた場合はすぐに使うのをやめましょう。
高齢者の人が使う場合は、生理機能が低下しているので副作用に注意しましょう。
麻酔を注射した時は、麻酔される範囲が広くなりやすいです。小児にも局所麻酔でよく使われています。
ですが、乳児や幼児など3歳以下の子に局所麻酔する場合は、麻酔の効果の把握が難しく頻繁に投与される事があります。
妊娠中の人が使う場合は、ゼリータイプなどの表面麻酔なら使っても問題ありません。
しかし、注射や点滴をする場合は、中枢神経毒性を示す可能性があるので気を付けましょう。
授乳中の人の場合は注射や点滴で使っても問題ありません。
母乳中に移行する事が確認されていますが、その量はごく僅かです。ですので、赤ちゃんに影響する事はないので心配ありません。
リドカインを購入するなら、個人輸入の代行をしてくれる通販サイトを利用しましょう。
必要な手続きなどを代わりにしてくれるので、簡単に購入出来ます。
購入の方法は一般的な通販サイトと同じです。欲しい商品を注文して待つだけです。
まとめ買いすれば1個あたりの値段が安くなる場合があります。処方箋が必要ないので、わざわざ病院に行く必要はありません。
通販サイトを利用すれば、費用は商品の代金と送料だけになるのでオススメです。購入する金額によって送料は無料になる場合もあります。
偽物が販売されている場合もあるので気を付けないといけません。通販サイトを利用している人は多いので、安全なところで購入すれば大丈夫です。

関連記事