• ホーム
  • 早漏治療手術の内容と費用はどのくらい?

早漏治療手術の内容と費用はどのくらい?

笑顔の男性

早漏治療で実施される手術にはいくつか種類がありますが、ポピュラーなものとしてはコラーゲン注射や包茎改善、陰茎背部神経遮断などが挙げられます。
それぞれ特徴や費用が異なるので、内容をよく理解して自分に合った種類を選ぶことが大切です。
コラーゲン注射は、その名の通りコラーゲンを亀頭部分に注入するという治療です。
コラーゲン以外にヒアルロン酸を用いるクリニックもあるので、事前に確認しておきましょう。
この手術を行うことで亀頭が大きくなり、神経への刺激が軽減されて射精を我慢することができます。
早漏だけでなく男性器を大きくするという2つのメリットがあるので一石二鳥ですが、コラーゲンは時間の経過とともに体内に吸収されてしまうため、約半年ほどで元に戻ってしまいます。
継続して効果を得るためには、半年に1回程度注射を受け続けなければならないので、費用と手間には注意が必要です。
包茎改善手術は、亀頭を覆っている包皮を剥がすことで刺激に慣れさせ、神経を鈍感にして射精を防ぐというものです。
包茎を改善してもそのままでは意味がなく、露出した亀頭をしっかり鍛えて刺激に慣らしていく必要があります。
日本人は約7割の男性が包茎なので決して恥ずかしいことではなく、手術を受ける人も大勢います。
実際に早漏が改善するかは手術後のトレーニングにかかっていますが、改善のきっかけとしては十分でしょう。
陰茎背部神経遮断術は、男性器にある陰茎背部神経を強制的に切断することで、刺激に対して鈍感にする効果があります。
ただ、この手術は神経に直接作用するため非常にリスクが高く、日本ではほとんど実施されていないので受けるのは難しいでしょう。
海外では一般的に行われている国もあり、中にはこの手術を受けるためのツアーが組まれることもあります。
このようにいくつかの種類がありますが、当然費用はそれぞれで変わります。
予算を準備しておく必要があるので、具体的な費用を知っておきましょう。

早漏治療の費用の目安は?

早漏改善手術と言えば、日本では主にコラーゲンやヒアルロン酸を注入する手術のことを指します。
一般的な病院などでは手術は行われておらず、美容外科で受ける必要があります。
ペニスを大きくするという目的や早漏を改善するというのは自由診療になるので、保険を使うことはできません。
実際の手術費用はクリニックによっても変わりますが、相場としては約4万円から20万円と幅があります。
このように費用に大きな違いが出るのは、注入に使用されているコラーゲンなどの品質がそれぞれ違うからです。
安いクリニックは体内に吸収されやすいタイプ、高額なクリニックは吸収されにくい定着タイプというケースが多いです。
定着タイプでも絶対に体内に吸収されないというわけではなく、多少吸収までの時間が延びる程度なので過信しすぎないようにしましょう。
包茎手術の場合もコラーゲン注射と同じく保険適用外となり、全額自分で支払うことになります。
費用相場は約5万円から25万円とこちらも幅があり、患者の包茎の状態や手術の難易度、術式などによって変わります。
比較的軽度で簡単な状態なら安く済みますし、複雑な手術が必要なら費用も高額です。
ペニスに直接メスを入れる手術なのでリスクもあるため、十分に信頼できるクリニックで受けるようにしましょう。
陰茎背部神経遮断術は日本で受けるのはまず不可能なので、海外まで行って受ける必要があります。
日本円にすると約7万円から10万円ほど必要になり、それに加えて海外へ行くための旅費も必要です。
高額の費用が必要な割に効果はあまり高くなく、せっかく受けたのに早漏が治らなかったという人も珍しくありません。
神経を誤って切断すればEDになるリスクもあるので、クリニック選びには十分注意することが大切です。

関連記事